"いい投資"探検日誌 from 新所沢

しあわせをふやす いいお金の使い方を考えています

425祭 in 南三陸レポート(1)陸前高田編 箱根山テラス〜木村屋〜いわ井

4月25日(土)〜26日(日)にかけてミュージックセキュリティーズの被災地応援ファンドの事業者さんを巡る425祭 in 南三陸が開催されました。

425というのは東日本大震災があった年の4月25日に被災した事業者さんを応援するためのセキュリテ被災地応援ファンドが始まったFor復興の日で昨年から425祭が開催されています。今年で2回目。

昨年は気仙沼をベースに開催されましたが、今年は南三陸を中心の行程です。まず最初に向かったのは陸前高田市の箱根山テラス。

まずこの絶景ですよ!どこか高原の避暑地ですか?という風景。とてもここが被災地だとは思えません。

f:id:m-at:20150425131031j:plain

素晴らしい景色を見ながらテラスでランチをいただきました。 

  • 鶏肉と夏野菜の味噌炒め
  • 胡瓜と人参の一夜漬け
  • 蒸し大根とブロッコリー
  • 根菜のお味噌汁
  • ごはん
  • 陸前高田産 米崎りんごのコンポート

f:id:m-at:20150425125923j:plain

なぜ箱根山テラスに来たかというと、ここは先日カンブリア宮殿でも紹介された八木澤商店の河野社長が専務を務めるなつかしい未来創造株式会社が手がけた宿泊施設なんです。地域の人が気持ちよく過ごせる日常的な場所、そして地域外の人をあたたかく迎えて新たな絆を生み出す場所をコンセプトに作られた箱根山テラスには河野社長も時々訪れて息抜きをしているそうです。

いただいたランチも八木澤商店さんが開発中の調味料などを使っています。開発の様子はカンブリア宮殿も紹介されていましたね。

f:id:m-at:20150425125339j:plain

既に時間が押していたため30分しか滞在できなかったのですが、お部屋も見せていただきました。地元の気仙杉がふんだんに使われていて気持ちのいい部屋です。こちらの部屋にはロフトもありました。

f:id:m-at:20150425131808j:plain

アメニティにもこだわっています。なんとタオルはIKEUCHI ORGANICです。今回は30分しかいられませんでしたが、今度は泊まってゆっくりしたいと思います。陸前高田にも行ってみたいお店たくさんありますし。

f:id:m-at:20150425131646j:plain

続いて木村屋さんへ向かう途中、八木澤商店さんのやぎさわCafeがありました。嵩上げのための土砂を山から削り出して運搬する巨大ベルトコンベアーに囲まれてしまっていましたが。地元の人はベルトコンベアーをジェットコースターと呼んでいるそうです。

f:id:m-at:20150425134854j:plain

陸前高田市役所の向かい側に本設店舗をオープンしたおかし工房木村屋さんです。

f:id:m-at:20150425135639j:plain

木村屋さん親子から3月14日にオープンしたばかりの新店舗についてのお話を聞きました。お店にいる間は明るい気持ちになれるようにとイメージカラーの赤を基調とした内装にした他、店内BGMは息子さんが作られたそうです。本設店舗になって和菓子や洋菓子だけでなく、ケーキも売るようになりました。

震災から4年、念願の菓子店再建 陸前高田「木村屋」

f:id:m-at:20150425135817j:plain

木村屋さんを代表するお菓子に育った夢の樹バウム。私も大好きでたくさん買ってかえりました。

f:id:m-at:20150425140714j:plain

そしてツアー参加者にはお土産にシュークリームをいただきました。ただでさえ人気で売り切れるような人気商品を私たちのために取り置いていただき本当にありがとうございました!美味しくいただきました。

 震災から4年。現在の課題と求められるもの 木村屋の場合

木村屋さんに続いて向かったのが器・和雑貨・地酒販売のいわ井さん。かつて八木澤商店と酔仙酒造、いわ井さんはこの地域にある酒蔵だったのですが、昭和19年に国の企業整備令により合併しました。その後八木澤商店さんは味噌・醤油醸造部門が独立、いわ井さんは酒販部門として独立することになりました。なのでいわ井さんは雑貨屋でありながら酔仙酒造のお酒も売っています。

f:id:m-at:20150425144746j:plain

ちょうどこの日は栃ケ沢ベースにある仮設店舗のオープン2周年の日でした。一気に40名近くのお客さんが訪れたのでレジは大変なことになっていましたが、久しぶりにいわ井さんでの買い物を楽しみました。

いわ井さんの仮設店舗のある栃ケ沢ベースの近くまで嵩上げ工事は進んでいます。この栃ケ沢ベースもいずれは嵩上げのため立ち退かなくてはならず、その際にはせっかく作った仮設店舗を出なくてはいけません。什器などはいずれ本設店舗に移転するときにも使い回せるようなものを買ったりいずれ来るその日のための対策をしているという事でした。

 震災から4年。現在の課題と求められるもの いわ井の場合

f:id:m-at:20150425150623j:plain

バス車中から見た一本松。陸前高田には何度か来ていますが実際に見るのは初めてです。今は巨大ベルトコンベアの影になってしまっていますが、嵩上げ後の街から見る一本松はまた違った景色になっているんでしょうね。

震災から4年たち、被災地応援ファンドの事業者さんの中にも仮設店舗から本設店舗へ移った事業者さんがちらほら出始めています。でも、陸前高田の街はまだまだ嵩上げの真っ最中。陸前高田には2012年末以来ですが、本当に大変な工事ですね。

これからどんな街が出来上がるのかこれからも通い続けたいと思いました。

f:id:m-at:20150425151955j:plain

気仙沼編へつづく・・・

【425祭 in 南三陸レポート】

425祭 in 南三陸レポート(2)気仙沼編 アーバンマリアチャペル〜アンカーコーヒーマザーポート店 

425祭 in 南三陸レポート(3)南三陸編 南三陸さんさん商店街〜歌津小太郎〜福興市〜南三陸町ツアー

【関連記事】

被災地応援ファンド 復興 蔵めぐりツアー(1)八木澤商店

八木澤商店事業報告会に参加しました

被災地応援ファンド 復興蔵めぐりツアー(3)木村屋、いわ井