いい投資探検日誌(from 八女)

しあわせをふやす いいお金の使い方を考えています。2017年に所沢から八女に移住しました。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017が発表されました

1月13日(土) 大井町のきゅりあん小ホールにて投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017表彰式が開催されました。私も運営委員の一人として表彰式イベントでの受付・タイムキーパーを務めました。ご来場いただたいた皆さん、Twitterなどオンラインで参加いただいた皆さん、そして投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017に投票してくださった投信ブロガーの皆さん、ありがとうございます!

そして、上位入賞を果たされた運用会社の皆さん、おめでとうございます!

上位入賞ファンド

既に公式ページにて結果を発表していますが、上位はこのようになりました。(カッコ内は昨年の順位)

1位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(ー)

2位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(1位)

3位 楽天・全米株式インデックスファンド(ー)

4位 野村つみたて外国株投信(ー)

5位 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)(ー)

6位 ひふみ投信(6位)
7位 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス(ー)
8位 たわらノーロード 先進国株式(2位)
9位 バンガード・トータル・ワールド・ストック・ETF(VT)(3位)
10位 iFree S&P500 インデックス(ー)

11位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(5位)
12位 ひふみプラス(7位)
13位 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス(ー)
14位 結い2101(11位)
15位 バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)(ー)
16位 バンガード・トータル・ストック・マーケット・ETF(VTI)(ー)
17位 セゾン資産形成の達人ファンド(10位)
18位 iFree 8資産バランス(4位)
19位 三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド(11位)
20位 世界経済インデックスファンド(8位)
20位 三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド(19位)

今年の傾向

今年の特徴として、つみたてNISAをにらんで新設された低コストファンドが上位に進出したというのがあります。上位10本のうち実に6本が新設ファンド。昨年10位までに入賞していたファンドはひふみ投信が6位を維持した他は全て順位を下げています。20位まで見ても、昨年上位のファンドが軒並み11位~20位の間に固まっており、例年よりも新設ファンドの勢いが強い年だったと言えます。低コストインデックスファンド戦国時代の幕開けとなった2015年から、いよいよ群雄割拠の時代となったことを予感させるランキングでした。

もう一つの特徴は米国株ブロガーの勢いを受けて米国株に投資するファンドがベスト10に2本、ベスト20では4本とこれまた一大勢力を見せていました。

投信ブロガー(&ツイッター)からの熱いコメントにも注目

表彰式イベントの第二部ではカン・チュンドさんと竹川美奈子さんが投信ブロガー&ツイッタラーからの熱い応援コメントを紹介しました。これまで表彰式で上位入賞ファンドを紹介する際、もっと詳細な解説をしたい、もっとコメントを紹介したいと思いつつ、時間の関係で出来ていませんでしたが、この方法だとファンドも詳細に解説できるし、応援コメントも紹介できるし、とてもいいなと思いました。

なぜ上位に支持されたのか、順位だけでなくコメントにも注目いただきたいと思います。

また、今回は上位5位までのファンドの運用会社さんにいただいたコメントを寄せ書きにまとめてお渡ししました。是非社内で回覧していただきたいです。

私が投票したファンド

今年私が投票したのは結い2101、ひふみ投信、コモンズ30ファンドでした。いずれも投資を通じてファイナンシャルリターンだけでないリターンを得ることが出来たと感じているファンドです。

懇親会

今年もテリーさんに懇親会をセッティングいただき、90名近くの大所帯で大いに盛り上がりました。皆さん、ありがとうございました。