読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"いい投資"探検日誌 from 新所沢

しあわせをふやす いいお金の使い方を考えています

樽屋厳選のオーク樽熟成酒ファンドに投資しました

セキュリテで京都府にある独立系洋樽メーカーの有明産業が手がける熟成酒ファンド「樽屋厳選のオーク樽熟成酒ファンド 第一次」に投資しました。

このファンドはわずか2日で800万円を集める人気で、現在は第二次のファンドが募集中です。

f:id:m-at:20160128135303j:plain

焼酎蔵に眠る幻の熟成酒

もともと日本の焼酎メーカー向けの洋樽製造でトップシェアを持っていた有明産業ですが、取引先の焼酎メーカーで十数年熟成している焼酎の存在に気づきます。

一口飲んでその美味しさに驚いたのですが、日本には光量規制という熟成させることにより焼酎に生まれる色の濃さに制限がかけられています。おおよそウイスキーの1/10程度を超えて色が付いた焼酎はどんなに美味しくてもそのままでは販売出来ないです。

結果として焼酎メーカーはこの熟成酒を問屋に販売することが出来ず、問屋も小売りできない焼酎に手を出すことが出来ず、焼酎蔵には美味しいのに出荷できない極上のお酒が眠り続けています。

有明産業では光量規制に対応するため水で薄めるのではなく、お酒本来の美味しさを損なわないエキスを2%以上加えることでリキュールとして出荷する酒販事業を始めました。

詳しくはTaruSkyのブログをどうぞ。

せっかく美味しい熟成酒があるのに蔵に眠っているのは勿体ない!という事で私も一口投資しました。

ファンド資金の使途

ファンドで募集した資金を使って熟成酒や原料を仕入れ、洋樽熟成酒として販売します。

ファンド概要

募集金額:1,600万円(第一次 800万円・第二次 800万円)
一口金額:31,710円
会計期間:2016年8月1日〜2018年7月31日
リクープ前分配率:売上の1.5%
リクープ後分配率:売上の0.3%(売上8.058億円未満)+売上の0.1%(売上8.058億円超過分)
事業計画ベース分配率:108.8%
投資家特典:口数に応じて自社ブランド新商品を贈呈(1口につき5千円相当)

現在ファンドは第二次募集中です。