いい投資探検日誌(from 八女)

しあわせをふやす いいお金の使い方を考えています。2017年に所沢から八女に移住しました。

途上国未電化家庭用太陽光システムファンドに投資しました

セキュリテで募集中の途上国未電化家庭用太陽光システムファンドに投資しました。

f:id:m-at:20160110235130j:plain

セキュリテではファンドの審査において持続可能な開発目標(SDGs)を評価軸の一つとしていますが、このファンドはまさにSDGsの観点からも注目を集めそうなファンドですね。

株式会社PEARカーボンオフセット・イニシアチブは途上国向けのソーラーホームシステム製品を製造、販売しようとしている会社です。

貧困層は主に夜間の灯として灯油ランプを使っていますが、灯として暗い他に室内で灯油を燃やすため空気も悪くなります。また、灯油を買い続けなければいけないという課題もありました。貧困層の所得の実に25%が灯油代に使われているという調査結果もあります。

ソーラーホームシステムの提供を通じて灯油ランプ向けの支出が減り、携帯電話の充電も可能になると、貧困層の生活水準が改善されることが望まれます。ソーラーホームシステムを購入するためにはまとまった金額は必要になりますが、分割払システムを使って初期費用を抑えると同時に2年間灯油代金程度の支払をすることでソーラーホームシステムを手に入れる事ができるようになります。

PEARは気候変動問題の解決にエネルギー問題に切り込むことで実効的なソリューションを提供しようとしている点が独特だなと思いました。

世界の12億人が未電化状態であることへの解決策としてソーラーホームシステムEGAOが一つの解決策となるよう、応援することにしました。

資金の使途

ファンドで集めた資金はソーラーホームシステムEGAOの製造原価、業務委託費として使用されます。

ファンド概要

募集金額:2,000万円
1口金額:10,500円(出資金10,000円/取扱手数料500円)
会計期間:2年間
リクープ前分配率:100%
リクープ後分配率:32%
事業計画ベースの想定リターン:108.1%
投資家特典:1口につき0.5tCO2(2000円相当)のカーボンオフセット

www.securite.jp