いい投資探検日誌(from 八女)

しあわせをふやす いいお金の使い方を考えています。2017年に所沢から八女に移住しました。

確定申告の還付金でセキュリテ熊本地震被災地応援ファンドに投資

セキュリテでは昨年4月に発生した熊本地震で被災した企業を半分寄付、半分投資で応援するファンドを募集しています。返済義務のない寄付と売上に応じた返済(分配)のミックスにより、大きな被害を受けた企業が復興するのを伴奏者として長期的に関わりながら応援することになります。

f:id:m-at:20170405222842p:plain
 画像:セキュリテ熊本地震被災地応援ファンドHPより

既に2社のファンドに投資していますが、最近になって熊本地震被災地応援ファンドにも新しいファンドが出てきましたので今年の確定申告の還付金(61,115円)をそちらへ投資することにしました。

1口10,800百円のファンドを6本投資したので64,800円。還付金だけではちょっと足りていませんが、熊本の皆さんの復興の力になれればと思います。

セキュリテ被災地応援ファンドの事業者さんを訪れる425祭が今年も開催(425祭2017 in 宮城)されますが、今度は熊本の事業者さんのところにも行ってみたいですね。

投資したファンド 

阿蘇プラザ 五岳満喫nendoファンド

資金の使途

阿蘇プラザホテルがデザインオフィスnendoとタッグを組んでリノベーションを行います。ファンドの資金はホテルの一室のリノベーション費用として使われます。
くまモンの休日は阿蘇プラザホテルで撮影されたそうです。

ファンド概要

募集金額:3,800万円
1口金額:10,800円(応援金5,000円+出資金5,000円+手数料800円)
契約期間:6年間
リクープ前分配率:売上の0.460%
リクープ後分配率:売上の0.450%
事業計画ベースの想定リターン:111.0%
投資家特典:口数に応じてお米、馬刺しなどの食品やギフトチケット、宿泊ご招待券など

 

熊本阿蘇竹楽亭 竹あかりファンド

資金の使途

熊本地震で被災した旅館「竹楽亭」は今年の7月にリニューアル工事を完了します。竹あかりとは竹に様々な形の穴を開け、中にろうろくを灯すことで作られるオブジェです。竹楽亭では旅館の中庭に竹あかりを施すことで幻想的な竹楽亭をPRします。

ファンド概要

募集金額:1,050万円
1口金額:10,800円(応援金5,000円+出資金5,000円+手数料800円)
契約期間:5年間
リクープ前分配率:売上の0.8%
リクープ後分配率:売上の0.7%
事業計画ベースの想定リターン:111.4%
投資家特典:口数に応じて阿蘇の産品、宿泊ご招待など

 

熊本にらの町 黒毛和牛にらメンコファンド

資金の使途

熊本県上益城郡甲佐町は熊本県内一のにらの産地です。高田精肉店では地元のにらをたっぷり使ったメンチカツ「にらメンコ」を販売していました。この度、にらメンコの増産・販売強化するための設備購入、広告宣伝費としてファンド資金を利用します。

ファンド概要

募集金額:370万円
1口金額:10,800円(応援金5,000円+出資金5,000円+手数料800円)
契約期間:3年間
リクープ前分配率:売上の1.52%
リクープ後分配率:売上の0.60〜0.30%
事業計画ベースの想定リターン:108.9%
投資家特典:にらメンコ2,000円相当

 

自社栽培手作り「倭播椒」漬物ファンド

資金の使途

益城町の吉原食品では最も得意とするオリジナルキムチ「倭播椒 極み」の量産化に向けた開発費、材料費、設備費、資材費としてファンド資金を利用します。

ファンド概要

募集金額:2,100万円
1口金額:10,800円(応援金5,000円+出資金5,000円+手数料800円)
契約期間:3年間
リクープ前分配率:売上の1.8%
リクープ後分配率:売上の1.3%
事業計画ベースの想定リターン:110.2%
投資家特典:1口につき新製品キムチ2,000円相当

 

「日本の食を守りたい」 ろのあファンド

資金の使途

ろのあでは熊本県内でいち早く有機栽培に取り組んでいましたが、熊本地震で大きな被害を受けました。壊れた設備・機械の修理や液状化した田んぼや畑に暗渠排水工事費用としてファンド資金を利用します。

ファンド概要

募集金額:525万円
1口金額:10,800円(応援金5,000円+出資金5,000円+手数料800円)
契約期間:5年間
リクープ前分配率:売上の2.35%
リクープ後分配率:売上の1.50%
事業計画ベースの想定リターン:113.5%
投資家特典:1口につき雑穀米お試し7日間セット2つ