読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"いい投資"探検日誌 from 新所沢

しあわせをふやす いいお金の使い方を考えています

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016上位入賞ファンド解説:第3位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016の上位入賞ファンド解説、今回は第3位のバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)です。

f:id:m-at:20170114161810j:plain
 写真提供:投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year運営委員会

第3位
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

→ ファクトシート

ファンドの特色:
FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスのパフォーマンスへの連動を目指します。(ファクトシートより)

経費率:
年0.14%(税抜き)

純資産額(2016年9月30日現在):
61.8億米ドル

過去に3度第1位に輝いた事のある常連ファンドが今年は3位でした。

年率0.14%という圧倒的な低コストと新興国、新興市場含めた全世界の投資可能な市場時価総額の98%をカバーという幅広さが根強い人気の背景にあります。

長期・分散・低コストというバンガードイズムが体現されたETFであり、ポートフォリオにおける株式部分についてはこれ一本で十分という評価です。

ブロガーの投票コメントにいつか買ってみたい「あこがれのVT」とあるように海外ETFという事で多少難しく感じることもあるかと思いますが、ネット証券で特定口座に対応したことによりだいぶ投資へのハードルは下がりました。それでも、10年後のFOY予想でVTのようなインデックスファンドを希望する声が大きかったように国内インデックスファンドとして希望する声が根強いのも事実です。

投信ブロガーFOY2009から8年連続で10位以内にランクインしており、10年ランキングでは堂々の2位でした。まだまだ日本における認知度は低いと思いますが、ロングセラー商品として今後も長く支持を集め続けて欲しいファンドです。

f:id:m-at:20170116152247j:plain

 写真提供:投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year運営委員会

 

受賞コメント:
バンガード・インベスツメンツ・ジャパン マーケティング・コミュニケーション本部 マーケティング・PR部長 金野真弓様

f:id:m-at:20170114155205j:plain

 写真提供:投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year運営委員会

本日は10周年おめでとうございます。

運営の皆様、毎回応募されていますブロガーの皆様、見に来たいということでいらっしゃっている皆様の気持ちの賜物だと思いますのでますます発展していただきたいと思います。

ちょうど投信ブロガーが選ぶFund of the Year2007でセゾン投信さんが第一位をとった時にちょうど次の日にセゾン投信マーケティング部長の津田さんから投信ブロガーが選ぶFund of the Yearという賞をもらったんですけどという電話をいただいたんですが「え、何ですかそれ?」という感じで全く関係が無いんじゃないかなと思っていました。

2008の時にVTIが2位になったんですけど、特に反響も無く、あまりメディア取材もないですし、セゾン投信さんとマンスリーセミナー、あとはマネックス証券さんで掲載いただいているコラム2本というように仕事がほとんど無くて、販売会社さんにプロモーションをやりませんかとか、ビジターが来るのでインタビューしてくれませんかと言っても「いや、間に合ってます。」というようなバンガードがなかなか出て行く機会がないような状態でした。

2009で第1位を初めてとった時に、ちょうど帰り道に楽天証券の方から一緒にプロモーションやりましょうと言われて、そこから他のSBI証券さんですとかマネックス証券さんそしてSMBC日興證券さんといったネット証券以外からもプロモーションを是非やりましょうという事で、この賞がなかったらおそらくバンガードが世の中に出てくるのにもっと時間がかかった、もしかしたらまだ出てこなかったのかもしれないという風に思っています。

ですのでこの賞をいただくというのは非常に光栄ですし、これからも引き続きサポートいただければと思います。

本日はどうもありがとうございました。

バンガード・インベストメンツ・ジャパンのHPにて投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016 3位入賞を紹介いただきました! 

 祝!VT3位 『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016』

関連記事