いい投資探検日誌(from 八女)

しあわせをふやす いいお金の使い方を考えています。2017年に所沢から八女に移住しました。

東京森と木と遊びのエキシビション2016に行ってきました

11月27日(日)、昭和記念公園で開催された東京森と木と遊びのエキシビジョン2016に行ってきました。

東京・森と市庭の菅原さんのお話を聞いてきました。菅原さん、最近R25でも取材されました。東京・森と市庭は東京の森と都市をつなげる会社です。

奥多摩の木を使ったモリユカを展示していました。タイルカーペットと同じ厚さで出来た無垢板タイルです。業者さんに施工を頼まず社員さんが自らタイルを敷く作業をすることもあるそうですが、終わった後は寝転んで無垢の板を楽しむそう。

当初は土足の予定があまりの気持ちの良さに土足禁止になった事業所もあるそうです。

ちなみに東京・森と市庭さんは「東京の森リノベーション」でウッドデザイン賞2016も受賞しています。

 奥多摩町からはOgouchi Banban Companyのライブもありました。奥多摩っ子ダンサーを引き連れて勘先生が熱唱&踊りまくってました。ライブ終了後はCDの無料配布もしていたのですが、持ってきた分は全て配布しちゃったそうで、OBCライブは何か惹き付けられるものがあるんですよね。

会場には私も東京美林倶楽部の会員になっている東京チェンソーズさんも出展していました。丸太をノコギリで切る体験が出来たので私も奥さんと競争しましたが負けました・・・。(ハンデが・・・)

セミナールームでは様々な会社が商品の紹介などをしていたのですが、東京・森と市庭さんの前は合同会社いとへんさんによるSMALL WOOD TOKYOの紹介でした。

こちらもDIYで簡単に敷くことができる無垢のフローリングです。事前に部屋の寸法を測ることでそのサイズのフローリングを作ってくれるそうです。

モキ製作所さんの鍛冶屋さんが作った石焼き芋もできる竈が気になったのですが、石焼き芋を買うだけに留めておきました。

石焼き芋、久しぶりに食べましたが美味しかったです。