読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"いい投資"探検日誌 from 新所沢

しあわせをふやす いいお金の使い方を考えています

はじめての確定拠出年金 [著]田村正之

著者の田村さんから献本いただきました。ありがとうございます!

来年1月の個人型確定拠出年金(iDeCo)制度改革に伴い、確定拠出年金の分野はちょっとした出版ラッシュを迎えています。そんな中、日経文庫から日経編集委員の田村さんも確定拠出年金に関する本を出されました。

はじめての確定拠出年金 (日経文庫)

はじめての確定拠出年金 (日経文庫)

 

個人が便利に利用する方法というよりは確定拠出年金制度の解説が主題

先日、竹川美奈子さんの個人型確定拠出年金解説本を読みましたが比較してみるとこちらは確定拠出年金制度全般にわたっての解説が中心です。

とはいえ、個人型確定拠出年金に加入しようとしている人にとっても参考になる部分もしっかり書かれています。

実際に個人型確定拠出年金に加入するにあたってどこの金融機関を使えばいいか、逆にいうと近場にあるからと手数料の高い金融機関を選ぶのは損という話が口を酸っぱくして繰り返し書かれていますし、あれだけ繰り返されたら間違いは起こさないと思います。

注目ポイントは中小企業での活用事例

個人的に注目ポイントだと思ったのが中小企業における活用事例。退職金制度があまり整っていない中小企業こそ確定拠出年金の有効活用が求められるはずがいまいち普及していません。

デフォルトファンドの選択やターゲットイヤー型ファンドなど会社で従業員向けに制度を利用しようとした場合に知っておいて欲しいことについても抜かりがありません。

この本では実際に中小企業での活用事例なども紹介されていて是非とも中小企業の経営者、総務、福利厚生担当などに読んで欲しいと思いました。