読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"いい投資"探検日誌 from 新所沢

しあわせをふやす いいお金の使い方を考えています

東京美林倶楽部:みどりの日に杉の苗木を植え付けしました

東京美林倶楽部の植え付けイベントは日程が合わず、参加出来なかったので別日程で植え付けをさせていただきました。結果として5月4日のみどりの日という植え付けに相応しい日になり、檜原村はこれ以上ないくらい晴天で山がとってもきれいでした。

f:id:m-at:20160504103247j:plain

東京チェンソーズさんと東京美林倶楽部についてお話を聞いた後、早速植え付けへ。

f:id:m-at:20160504113934j:plain

苗木屋さんから納品された苗は植え付けするまでの間、植え付けする山の土に慣らすため仮植と呼ばれる仮の植え付けがされています。まず仮植された苗を掘り出しました。

根が乾かないようにビニールシートで包んで植え付けの場所へ向かいます。

f:id:m-at:20160504114926j:plain

払沢の滝の駐車場から見える山の斜面が東京美林倶楽部で整備する山です。こちらは第一期の植え付けをした斜面。
ちなみに天気が良すぎて苗木にとっては根が乾燥しないよう注意が必要な天候でした・・・。

f:id:m-at:20160504115752j:plain

私たちは第二期会員なのでその先の斜面に植え付けしました。
区画が決まっているので自分達の区画にまず植え付け用の穴を掘ります。

f:id:m-at:20160504121721j:plain

穴を掘ったら苗木を植え付け、土を被せたら空気が残らないように周りの土をしっかり踏みつけます。空気が残っていると根が乾燥してしまうので思った以上に強く踏みしめないといけませんでした。

f:id:m-at:20160504122505j:plain

3本の杉の苗木を植え付けしました。(花粉の少ない杉です)
これから下草刈り、枝打ちといった手入れを行いながら25年目と30年目に1本ずつ間伐を行います。間伐した2本の丸太は私たちのものになり、1本はそのまま残って美しい林を作ります。

東京の森への30年投資の第一歩を踏み出しました。林業ってなかなか身近に感じられる機会がないのでこういう体験は貴重です。

f:id:m-at:20160504123033j:plain

イベントで来た時に檜原村を楽しんでいって欲しいという東京チェンソーズさんの狙いもあるのでお昼は近くにある四季の里で檜原村の旬の食材を使った「ひるげ」をいただきました。

f:id:m-at:20160504132420j:plain

バスで帰る前に手作り豆腐のちとせ屋さんで豆乳ソフトと卯の花ドーナツを。

f:id:m-at:20160504135059j:plain

豆乳ソフトは食べた瞬間は甘いのですが、すぐに豆乳の味が口の中に広がります。
八木澤商店の醤油ソフトと一緒に食べると冷や奴になるとかしょーもない事を話してました。

f:id:m-at:20160504134752j:plain

そしてちとせ屋さんの裏にはニヒルなひふみろが・・・

f:id:m-at:20160504103105j:plain

関連記事