"いい投資"探検日誌 from 新所沢

しあわせをふやす いいお金の使い方を考えています

クラウドバンクの日本クラウド証券が証券取引等監視委員会から行政処分勧告

投資型クラウドファンディングのクラウドバンクを運営する日本クラウド証券が証券取引等監視委員会による検査にて行政処分勧告を受けました。

f:id:m-at:20150627190117p:plain

日本クラウド証券株式会社に対する検査結果に基づく勧告について:証券取引等監視委員会

証券取引等監視委員会によると日本クラウド証券では顧客預り金を正確に算定するために必要となる社内規定や業務システムの整備が十分にされていなかったようです。

  • 第一種業務(グリーンシート銘柄の売買)においては業務システムへの入力作業において多数の遅延が発生しているが、それらの補正が完了しておらず顧客預り金残高を正確に把握できていない
  • 第二種業務(クラウドバンク)においては第一種業務と同様業務システムへの入力作業に遅延がある他、顧客からの出資金を匿名組合営業者名義の銀行口座へ送金するまでの間、日本クラウド証券の口座にあるにも関わらず顧客預り金として計上していない
  • 第一種および第二種業務において取引残高証明書を正確に記載していない状況のまま交付した

クラウドバンクを実際に使っていてもシステム面での貧弱さは感じていたところですが、これは金融業としてお粗末です。取引量の増加に追いつかなかったというのが理由なのでしょうが、遅延はともかく顧客預り金として計上していなかったり正しい情報でない取引残高証明書というのは基本的なことが出来ていない事になります。

日経の記事によると入力の遅れは最大で数ヶ月や漏れもあったとのこと・・・。

クラウドファンディングの業者で唯一、第一種免許を持っている証券会社であることに誇りを持って業務にあたっていると以前会社に訪問させていただいた際に聞いていたので残念です。第一種免許もっているところがこれだとクラウドファンディング業界全体の信用が落ちるんですよね。

少人数で大変だと思いますが、事業の起ち上がりは信用が第一です。このような事で信用を無くすことがないよう、今後はしっかりと対応するのはもちろん、どのように是正していくのか、また経過についてもしっかり報告して投資家を安心させて欲しいです。