"いい投資"探検日誌 from 新所沢

しあわせをふやす いいお金の使い方を考えています

東邦銀行のCM制作で話題の福島ガイナックスに投資しました

福島を地盤とする地銀、東邦銀行が福島ガイナックスにCM制作を依頼したと話題になっています。CMは「さわやか、颯爽」をコンセプトに一人前の銀行員になることを目指し、日々奮闘する女子行員が主人公の30秒CMになる予定です。キャラクターデザインはもちろん貞本義行さんです。

そのCMを制作する福島ガイナックスは新世紀エヴァンゲリオンやふしぎの海のナディア、王立宇宙軍 オネアミスの翼などの制作で知られるガイナックスの子会社で、4月に福島県三春町に国内2拠点目となるアニメ制作スタジオを開設します。


福島ガイナックスが東邦銀行のCM制作へ(福島15/02/27) - YouTube

ニュースになっているのは主に福島ガイナックスが東邦銀行のCM作成をするという内容なのですが、写真を見ると背景に「クラウドファンディング募集開始説明会」という文字も見えます。実は東邦銀行が業務提携しているミュージックセキュリティーズが福島ガイナックスのアニメスタジオとミュージアム運営にかかる資金の一部を調達するファンドを募集開始したんです。

株式会社福島ガイナックスとの「CM制作にかかる合意書締結」および「クラウドファンディング」(福島三春町ガイナックスアニメファンド)募集開始について|ニュースリリース|東邦銀行

学生時代は王立宇宙軍 オネアミスの翼やふしぎの海のナディアにハマり、働いてからはエヴァンゲリオンにハマった私としてはこのファンドを見過ごすことは出来ません。貞本義行さんのイラストが好きなんです。という事でこのファンドには脊髄反射的に出資を決めました。(資金用途などは一通り確認しましたが)

海外進出に向けたアニメーター育成

ガイナックスではこれから海外進出に力を入れようとしていますが、不足していたのがアニメ制作スタジオ。三鷹のスタジオは既に国内向けアニメで手一杯だったのです。そこで国内に第二スタジオを開設することになりました。

福島ガイナックスが入居するのは福島県三春町にある旧桜中学校校舎。こちらで地元を中心に30名ほどのアニメークリエイターを雇用し、東京から指南役社員が来てガイナックスが受託したアニメの仕上げなどの仕事を通じて育成を行います。2018年に世界公開を予定している劇場版映画「蒼きウル」も三春町のスタジオが中心となって制作されるそうです。

アニメニュージアムを併設

2013年、福島市出身の浅尾氏は福島から避難した子ども達が戻ってこず学校が閉鎖されているというニュースを目にしました。ちょうどガイナックスが2拠点目となるアニメスタジオ建設を考えていたことから福島にスタジオを作り、その当時やっていた「アニメの作法展」を移設してミュージアムすれば少しでも子どもの賑わいを取り戻せるのではないかと考えました。

また、郡山にあるアニメ専門学校の学生を始めとする地元雇用も生み出すこともできます。福島県に相談したところ三春町にある廃校になった桜中学校を使わせてもらえることになりました。

アニメミュージアム「空想とアートのミュージアム 福島さくら遊学舎」はアニメの制作過程を紹介する場となり、職業体験的な常設展と他企業や自治体と連携した企画展やイベントなども開催予定です。有料の施設ですが福島県の子どもは無料で3月28日、29日にはオープニングイベントも開催されます。

“三春製アニメ”復興に力 展示施設名「福島さくら遊学舎」(福島民友ニュース)

浅尾氏は福島ガイナックスをガイナックスの子会社として設立、自ら代表取締役に就任しました。
f:id:m-at:20150223170034j:plain

クラウドファンディングで福島ガイナックスの運営費を調達

また、福島ガイナックスの運営費の一部に相当する998万円を1口2万円で幅広く個人からの出資で集めることにしました。集めた資金は主にアニメクリエイターの人件費として使われます。


福島三春町 ガイナックスアニメファンド

福島ガイナックスが行うアニメ制作事業(作画、仕上、制作管理など)およびミュージアム事業(常設展・企画展、ワークショップ、グッズ開発・イベント運営など)からの収入の一部をファンド出資者へ分配します。出資した元本分を分配するまではファンド対象収入の5.4%、元本分を分配した後の純粋な利益分については収入の0.8%が出資者へ支払われます。

 リクープ前:ファンド対象収入の5.4%
 リクープ後:ファンド対象収入の0.8%

ファンドの期間は2015年5月1日から2018年4月30日までの3年間。福島に新しく生まれるガイナックスの第二スタジオを側面から応援するファンドです。分配シミュレーションによると事業計画通りの年年平均売上約1.2億円を達成できた場合は3年後に+10.9%のお金が戻ってきます。逆に年平均売上が年間5千万だった場合は-18.8%となります。約6,160万円の年平均売上があると出資元本分は還元(リクープ)されます。

申し込みは1口あたり出資金は2万円(最大50口まで)、取扱手数料が1,140円(5%相当)かかります。

分配シミュレーション
f:id:m-at:20150228211158p:plain 
  *ミュージックセキュリティーズ社のサイトより転載

気になる特典は?

クラウドファンディングではどんな特典が付くのか?それを楽しみにしている人も多いと思います。このファンドでは特典としてミュージアムの年パスか福島ガイナックスオリジナルアニメの設定資料や複製原画のいずれかをもらうことができます。

 a) ミュージアム年間パス2年分×2名分(合計2万円相当)
 b) 出資者限定 福島ガイナックスオリジナルアニメのキャラクター設定資料、複製原画セット

ファンドの募集はミュージックセキュリティーズ

ファンドを募集しているのはミュージックセキュリティーズという会社。ミュージシャンにいい音楽を作ってもらうためにファンが応援するファンドから始まり、純米酒など様々なクリエイターを応援する小口ファンドを提供しています。

2013年にはTV東京系の番組「カンブリア宮殿」でも紹介されました。2001年に設立され、これまで360本の小口ファンドを設定しています。昨年から地方自治体とも提携して地域のがんばる企業を応援するファンドを次々と設定。福島ガイナックスのファンドも福島から新しいチャレンジを応援する「はじめっぺふくしまファンド」の一つです。


2013年5月2日放送 ミュージックセキュリティーズ 代表取締役 小松 真実(こまつ・まさみ)氏|カンブリア宮殿:テレビ東京