"いい投資"探検日誌 from 新所沢

しあわせをふやす いいお金の使い方を考えています

月次報告書は誰のためのもの?

某運用会社さんの月次報告書のリニューアルの意見交換会に行ってきました。

冒頭、「この月次報告書は誰向けに書いてますか?」という参加者からの質問に「販売会社さんが窓口で販売するときの資料を想定しています。」という回答にものすごく衝撃を受けました。

月次報告書って既に買っている受益者向けだと思っていたけど、販売促進用の最新情報が書かれた資料だったんですね(その運用会社では)。

運用会社と投資家の間の高い壁を感じましたが、それでも個人投資家の声を聞いてくれる機会を作って下さったことには感謝しています。だからこそわかった事もありましたし、先方もいいものを作ろうと努力しているのがわかりました。(方向が違ったけど)

運用会社にとってお客様は販売会社という現実はあるものの、少しずつでも変わっていこうとするチャレンジに地道にかけていくしかないなと改めて思いました。

これからも機会があれば個人投資家の声を届けていきたいと思います。