いい投資探検日誌(from 八女)

しあわせをふやす いいお金の使い方を考えています。2017年に所沢から八女に移住しました。

ファンド定点観測2014年5月:ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス)

ひふみのあゆみを元にひふみ投信の5月を振り返ります。

 ひふみのあゆみ:2014年5月度 ご報告書

■ 概要

5月のひふみ投信は+4.33%でした。参考として配当込TOPIXが+3.36%、Russell/Nomura Mid/Small指数(配当込)は+3.42%でしたので4ヶ月ぶりにTOPIXを上回る成績を残しています。

 出典)Russell/Nomura日本株インデックス

f:id:m-at:20140607214238p:plain

 ■ 純資産流出入額

5月は3.5億円の流入でした。全営業日で流入が続くなど再び安定した資金流入となっています。そしてひふみ投信マザーファンドの純資産額が250億円になりました。

f:id:m-at:20140607214553p:plain

■ 基準価額と日次リスク

5月30日時点での日次リスク(250日)は21.85と引き続き低下傾向にあります。アベノミクス相場も終わった感が出ていますね。

f:id:m-at:20140607214224p:plain

■ 株式・現金比率

5月末時点での株式比率は94.27%と先月末(94.45%)とほとんど変わっていません。

f:id:m-at:20140608120127p:plain

 ■ 上位投資銘柄

負けている時は往復ビンタを避けるために動かない方がいいとひふみアカデミーでも話していましたが、4月末と比較して上位銘柄に大きな動きはありませんでした。

f:id:m-at:20140607214259p:plain

■ ひふみアカデミー 6月3日開催分 


ひふみアカデミー(2014年6月) - YouTube

  • 2月〜4月とTOPIXに負け続けたが5月は動かずそこそこの結果だった。勝っている時は動いた方がいいが、負けている時は下手に動かない方がよい。
  • しばらくはひふみにそよ風のような順風となると思われるが、夏場に向けてポートフォリオを変えていく。
  • 消費税増税の影響については想定通り。人手不足については影響を受けない会社に投資。
  • 今後のマーケットを考え、5〜15%程度の中成長で収益の安定性の高い会社で固めている。
  • LINEの上場がニュースになっており、新興市場復活の兆しとなるかも。
  • 4月の訪日人数は123万人で出国人数の119万人を超えていた。外国人観光客が日本に戻ってきているが、その中でもドンキホーテは年間500万人の外国人が訪れる”観光地”。
  • 運用部からの報告
    人材への投資に注目している 愛のある投信(栗岡)
    エルニーニョによる冷夏の影響も考慮(蛭田)
    遊びが人間として必要なものから違うものに昇華している最中?(渡邊)
    スマホの普及によるスキマ時間の使い方の変化(八尾)

■ R&I投信評価

R&Iファンド大賞の元となるR&I投信評価から5月末のランキングです。

f:id:m-at:20140607214252p:plain