読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"いい投資"探検日誌 from 新所沢

しあわせをふやす いいお金の使い方を考えています

新・投資信託にだまされるな! 買うべき投信、買ってはいけない投信 [著]竹川美奈子

読書

竹川美奈子さんのベストセラーの2度目の改訂版です。著者の竹川さんから献本いただきました。ありがとうございます! 

新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信

新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信

 

帯には良質な投信の正しい選び方、使い方を公平な立場からやさしく解説しましたとありますが、今回も第一章でこんな投信は買ってはいけない!とサンプルの広告付きで注意した方がいい投信について書かれています。投信を買おうと思っている人はこの章を読むだけでも違ってくると思います。

この本で最初に読んで欲しいのが「はじめに」で、ここを読んでその通りだなと思った人はそのままレジに持って行っていいと思いますし、自分とは考え方が違うなと思った人はたぶんこの本を読んでも得ることは無さそうです。

時間をかけてコツコツとお金を殖やしていこうという人にとっての投資信託の選び方がわかりやすく解説されていますが、前回買った人は改めて買い直すほどの改訂ではありません。NISAや最新の投信事情について改訂が入っていますので投信初心者さんはこの本を片手に投信選びをしてみるといいのではないでしょうか?

金融機関の窓口に相談に行くときにもこの本を小脇に抱えて行くだけでも買ってはいけない投信を薦められることがなくなるかも・・・しれません。

各章の終わりにあるコラムが結構力を入れて書かれており、中でも4章の終わりにある『アクティブファンドの選び方は5つのPをチェック』は短い中にもかなり濃縮に思いが込められているように感じました。

『投資信託にだまされるな!』というタイトルで2度目の改訂を迎えましたが、それは投資信託の販売の現場が変わっていないという事を意味します。2007年に初めてこの本が出た後も販売側は儲かるけれども投資家にとっては良くない投信が次々と誕生しています。いつか、『投資信託にだまされるな!』というタイトルのこの本が改訂されずに済む日が来るといいですね。そのためには投資家側も賢くなりましょう。

投資信託って何?っていう人にはまず下の本をオススメしますが、具体的に投信選びをしようと思っている人には『投資信託にだまされるな!』をオススメします。

一番やさしい! 一番くわしい!  はじめての「投資信託」入門

一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門

 

 

【追記】Kindle版も発売されています。

新・投資信託にだまされるな!

新・投資信託にだまされるな!