"いい投資"探検日誌 from 新所沢

しあわせをふやす いいお金の使い方を考えています

ファンド定点観測2013年10月:結い2101(鎌倉投信)

結い2101の10月を振り返ります。

 結いだより第44号

概要

10月の結い2101は-0.05%でした。参考として(あまり参考になりませんが・・・)配当込TOPIXは+0.02%でした。

 

12.11

12.12

13.01

13.02

13.03

13.04

13.05

13.06

13.07

13.08

13.09

13.10

結い2101

-0.60%

3.36%

7.72%

1.48%

7.08%

8.69%

0.49%

-2.82%

1.99%

-1.55%

3.22%

-0.05%

配当込TOPIX

5.28%

10.14%

9.36%

3.80%

6.99%

12.61%

-2.51%

-0.01%

-0.18%

-2.24%

8.68%

0.02%

f:id:m-at:20131110180108p:plain

純資産は前月比で約2.5億円の流入でした。ここ最近、隔月で大きな流入とそうでないのを繰り返しています。

f:id:m-at:20131110180047p:plain

株式比率は52.9%と少し増えました。ここのところリスクを10%以内に保つために株式比率が徐々に下がっていましたが、今後は少しずつ株式比率が上がっていくのかもしれません。

 

13.04

13.05

13.06

13.07

13.08

13.09

13.10

株式

59.2%

56.4%

56.7%

54.9%

54.2%

52.4%

52.9%

債券

2.4%

2.3%

4.9%

4.6%

4.2%

4.4%

4.4%

現金

38.4%

41.4%

38.4%

40.5%

41.6%

43.2%

42.8%

銘柄数

41

41

43

43

43

44

44

f:id:m-at:20131110180127p:plain

ポートフォリオの上位銘柄に動きは見えますが、基本的には等配分で投資されています。

 

13年10月

3ヶ月前

6ヶ月前

1位

エヌ・デーソフトウェア

ピジョン

デジタルハーツ

2位

ツムラ

トビムシ

サクセスホールディングス

3位

ユニオンツール

エフピコ

ウチヤマホールディングス

4位

未来工業

未来工業

瑞光

5位

養命酒製造

ユニオンツール

ピジョン

6位

サンエー

ヤマトホールディングス

アニコムホールディングス

7位

KOA

ツムラ

SHOEI

8位

エフピコ

エーワン精密

未来工業

9位

エーワン精密

池内タオル

タムロン

10位

ピジョン

亀田製菓

養命酒製造

今月のいい会社

今月のいい会社はトビムシでした。10月26日〜27日にかけていい会社訪問が予定されていましたが、台風の接近に伴い中止になってしまいました。私も参加する予定だったのですが残念でした。新井さんがサクセスホールディングスの柴野社長と一緒に西粟倉村を訪ねた時の模様がレポートされています。

また、12月16日(月)にいい会社訪問としてエシカルジュエリーのHASUNAへの訪問が募集開始となりました。表参道に19時集合ですので、平日ですが会社帰りに寄ることもできると思います。白木社長のお話を聞いた後、11月22日にオープンしたばかりの旗艦店舗を見学します。

NPO法人いい会社をふやしましょう 第三回『いい会社の力』シンポジウム

12月14日(土)14時から「いい会社がつらぬく社会的責任」と題したシンポジウムが開催されます。今回は池内タオルの池内計司社長とパタゴニアの辻井隆行日本支社長が講演されます。こちらは事前申し込みが必要ですが、どなたでも参加できます。

 特定非営利活動法人いい会社をふやしましょう

残念なニュース

10月は結い2101の投資先の会社で残念なニュースが相次ぎました。

 ヤマト「クール宅急便」常温仕分けのナゼ | 企業 | 東洋経済オンライン 

 再建半ば雪国まいたけ、創業社長辞任の波紋 | 企業 | 東洋経済オンライン

なお、雪国まいたけはバングラデシュでグラミンとの合弁事業でもやしの原料となる緑豆の栽培事業を行っていることを評価して組み入れをしていましたが、業績の悪化とバングラでの緑豆事業からの商品化の遅れ、企業の存続自体に懸念が生じたということで11月1日時点で全売却となりました。ヤマトHDにはお客様からの叱咤激励の声を届けて対応について確認していくそうです。

いい会社も完璧ではないというのはわかっているのですが、問題が発覚した時には真摯に改善に取り組んでさらにいい会社に成長して欲しいと思います。また、鎌倉投信に投資されたからにはお天道様に背を向けるような事はできないというような不祥事の抑止効果が生まれるようになるといいですね。

R&I投信評価

R&Iの投信評価(日本株アクティブ部門)です。安定性ランキングではカブロボファンドに次ぐリスクの低さとなっています。

 

過去1ヶ月

過去1年

過去3年

騰落率(リターン)

-0.1%(213位)

32.2%(361位)

48.4%(287位)

安定性(ボラティリティ)

3.7%(3位)

3.5%(2位)

3.0%(2位)