"いい投資"探検日誌 from 新所沢

しあわせをふやす いいお金の使い方を考えています

ファンド定点観測2013年10月:朝日Nvestグローバルバリュー株オープン(朝日ライフアセットマネジメント)

朝日Nvestグローバルバリュー株オープン(愛称:Avest-E)の10月を振り返ります。このファンドは個人型確定拠出年金(スルガ銀行)で毎月買い付けています。

 マンスリーレポート(基準日:2013年10月31日)

f:id:m-at:20131112015731p:plain

概要

Avest-Eの10月のリターンは+4.2%、参考指数のMSCI All Country World Index (ex.Japan)は+5.0%でした。

 

12.11

12.12

13.01

13.02

13.03

13.04

13.05

13.06

13.07

13.08

13.09

13.10

朝日Nvestグローバルバリュー株オープン

6.0%

8.9%

13.7%

0.1%

2.1%

5.6%

8.7%

-6.0%

5.0%

0.0%

5.8%

4.2%

MSCI All Country World Index(Ex.Japan)

3.9%

7.3%

10.7%

0.4%

3.4%

5.7%

5.2%

-7.2%

4.5%

-1.7%

4.4%

5.0%

f:id:m-at:20131112015746p:plain

純資産は前月比で約8.6億円の流入でした。3ヶ月ぶりの流入で、しかも大口の資金が入っています。なにがあったのでしょうか?

f:id:m-at:20131110164922p:plain

株式比率は98.2%と少し増え、投資銘柄数は37→36銘柄と1銘柄減少しました。投資対象地域は今のところ北米49.2%、欧州47.7%、オセアニア3.1%となっています。世界中で36銘柄と集中投資するタイプの投資信託です。

 

13.04

13.05

13.06

13.07

13.08

13.09

13.10

株式比率

96.9%

95.6%

96.1%

97.4%

98.1%

97.3%

98.2%

現金比率

3.1%

4.4%

3.9%

2.6%

1.9%

2.7%

1.8%

銘柄数

37

35

34

35

35

37

36

f:id:m-at:20131110165009p:plain

ポートフォリオに目立った変化はありません。10位のCNHインダストリアルはイタリアの自動車メーカー、フィアットから分離したトラックやトラクターの会社です。以前からフィアットには投資していましたが、普通自動車ではなくトラックなど部門を評価しての投資だったようです。金融と自動車が上位に名を連ねています。

 

13年10月

3ヶ月前

6ヶ月前

1位

クレディ・スイス・グループ

クレディ・スイス・グループ

クレディ・スイス・グループ

2位

ジュリアス・ベア・グループ

ジュリアス・ベア・グループ

ジュリアス・ベア・グループ

3位

オラクル

オラクル

オラクル

4位

ダイムラー

ダイムラー

ダイムラー

5位

マスターカード

ラインメタル

マスターカード

6位

ラインメタル

ゼネラル・モーターズ

ラインメタル

7位

フェデックス

YEコネクティビティ

テネット・ヘルスケア

8位

ゼネラル・モーターズ

マスターカード

スナップ・オン

9位

ホルシム

テネット・ヘルスケア

インシテック・ピボット

10位

CNHインダストリアル

フィアット・インダストリアル

フェデックス

銘柄紹介

朝日ライフアセットマネジメントのホームページではAvest-E・ハリス世界株コラムと題して毎月組み入れ銘柄について紹介しています。今月はオランダに本社を置くヘルスケア企業のロイヤル・フィリップスでした。

 銘柄紹介:ロイヤル・フィリップス

ハリス・アソシエイツ社のバリュー株投資の魅力について

このファンドの運用指図はアメリカにあるハリス・アソシエイツ社に委託されています。その、ハリス・アソシエイツ社のバリュー投資について5月に名古屋で開催されたレポートがホームページにアップされています。とても魅力的な運用会社ですので是非読んで欲しいです。

 ハリス・アソシエイツ社のバリュー株投資の魅力について

ハリス世界株ファンドとの違い

Avest-Eと同じく朝日ライフアセットマネジメントが設定しているファンドにハリス世界株ファンドというのがあります。こちらもハリス・アソシエイツに運用を委託しているのですが、投資対象が中大型株に限定されるところがAvest-Eとの運用方針の違いです。

R&I投信評価

R&Iの投信評価(国際株型(ノーヘッジ)部門)です。騰落率では高い順位なのですが、ボラティリティは高めのため、安定性では低めの順位になっています。

 

過去1ヶ月

過去1年

過去3年

騰落率(リターン)

4.2%(57位)

67.6%(4位)

76.5%(9位)

安定性(ボラティリティ)

5.1%(99位)

6.2%(100位)

6.5%(99位)